イメージ画像

特集 仕事と私 第一回

「私と仕事」

私は米軍基地の中で7年程働いています。軍事施設の中といっても、鉄砲や大砲、戦車といった武器に囲まれて仕事をしている訳ではありません。ごく一般の方 と同じ様に書類の整理などを淡々とこなしています。時間が来たら働き、時間が来たら帰るといった普通の生活を送っています。また、私の友人は基地内のレス トランで働いていて、そこも普通に街中で見かける風景となんらかわりありません。基地の中の職種は優に1,000種類を超えると聞いています。ですから、 感覚的にはとなりの街で働いている感じでしょうか。 私は自分の仕事を誇らしく思っていています。
私がこの米軍基地内での仕事について思うことなのですが、テレビや新聞では毎日かならずと言っていいほど、反米、反基地のニュースを目にします。米兵が犯 した事件は実際ありますし、それは当然、罰せられなければいけませんが、それでも沖縄のマスコミは米軍に関することはどんな細かな事も大きく取り扱いし過 ぎているように感じます。
日本で唯一地上戦があった土地ではありますし、反戦意識が高いこともわかります。もちろん私もまた平和を願う一人なのですが、 ただ残念なのがそんなニュースを聞くたびに基地で働いていることを全県民が避難しているようで感じ悲しくなります。

その反面、基地での仕事を求めて労務管理事務所をおとずれる若者も大勢いると聞きます。

この二つの事実を通してとても戸惑を感じます。今日もテレビや新聞は反基地のニュースを取り上げるのでしょう。でも私は今日も普通に事務の仕事をし、友達は今日も普通にレストランで働いているでしょう。私は自分の仕事を心から誇りに持ちたいです。
花はな より。


←前のページに戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ